セフレをやめたい!辛いセフレ関係を辞めたい人に教える上手な別れ方

セフレ やめたい

「セフレをやめたい!」と考えながらも関係や状況が変わらないままだと悩んでいる方はいませんか?
始まった関係に変化や終止符を打つのは難しいものです。

しかし、ポイントをおさえておくとより良い方向へと進めることができます。

ここでは、セフレ関係が辛いと感じる方に参考にしていただきたい「関係が続かない理由」を考えます。

また、セフレをやめたいと思うキッカケや、関係を切れない理由もチェック。

管理人
そして最後には、セフレとの上手な別れ方をメンタル・行動・告白と3つから詳しく読み解きます。セフレ関係に区切りをつけたい方は参考にしてみてください。

新しいセフレを作るなら!

セフレは辛い?セフレ関係が続かない理由

最初はセフレとして楽な気持ちで付き合っていたはずなのに、気が付けば苦しく辛く感じることが増えたという方もいるでしょう。

人は、一度でも「辛い」と感じてしまうと、楽しさが無くなってしまうものです。

無感情で割り切った関係が築ける魅力のあるセフレに対してネガティブな感情を持てばそれは「お別れ」にも繋がりかねません。

ここでは、セフレが辛く関係が続かない状態に陥ってしまう理由を3つご紹介します。

お互いに身体だけの繋がりだから

セフレの特徴である「身体だけの関係」が辛くなるという理由です。

パートナーと会ってもセックスをするだけという現実に、苦しさや虚しさを感じてしまいます。

関係スタート時には、お互いに納得していた部分でもあるでしょう。

しかし、頭で描いていたものと実際に体験したものとでは大きな差があります。

その「差」が辛いと感じる原因そのものです。

顔を合わすこと・セックスをすることが辛いのであれば、セフレをやめたい・別れたいと感じても不思議はありません。

これまで、感情ある関係しか築いてこなかった方は特に、ドライなセフレ関係に苦痛を感じやすいものです。

マイナスを補うだけの存在だから

セフレとは「築き合う関係」ではありません。

セックスがしたい・性欲を効率的に解消したいという考えが一致しているから続く関係です。

これは、簡単に言えば足りないもの・-部分を補っているにすぎません。

この関係に虚しさを覚えれば、辛い・もう会わないなどと考えてしまうものです。

補い合うというメリットはあるものの、積み重ねていく物事や思い出がないと、心が寂しく感じてしまうのは人の心理でもあります。

欲望や願いが敵うことは一生ないから

  • いずれは結婚をしたい
  • 2人でデートをしたり何気ない幸せな時間を過ごしたい
  • パートナーに対して恋愛感情を抱くようになった
  • 連絡回数や会うペースを増やしたい

などという気持ちは、恋愛関係であれば生まれるものです。

しかし、セフレは恋愛関係ではありませんから、これらを望むことは「無理な望み」といえます。

セフレという関係性や立場が一生続けば、生涯叶うことが無いのです。

叶うはずもない欲望や願いを抱けばむなしく感じ、セフレをやめたいと思うことでしょう。

セフレをやめたいと思うキッカケ6選

セフレとして「それなりの楽しさ」があるうちは、やめたい・別れたいと思うことはまずありません。

しかし、自分自身の関係と気持ちの間で「溝」ができてしまうと「さよならしたい」と感じてしまうのです。

一体、セフレをやめたいと思うキッカケはどこにあるのでしょうか。

ここでは6つのキッカケをご紹介します。

相手のことを好きになってしまった

セフレとは「セックスフレンド」という名前の通り、ただセックスをする男女関係です。

愛情や特別な感情というものは一切ありません。

「身体を満たし合うだけ」だからこそ、気楽で自由な関係が作れるのです。

しかし、いくら割り切っているといってもパートナーを好きになることもあります。

身体を重ねていくうちに・ふとした魅力に気が付いくと、スイッチが入ってしまうのです。

好きな気持ちを隠してセフレ関係を続けていくのは、とても苦しく辛いこと。

そればかりか、関係を維持することさえできにくくなります。

気持ちと関係のポジションが対極になってしまえば、「セフレをやめたい」と思うものです。

付き合っている彼氏に申し訳なくなってきた

本命の恋人がいる場合には、その人に対して申し訳ない気持ちが生まれた時です。

この場合、セフレに対して特別な感情を抱いているわけではありません。

「恋人とセックスの相性が悪いから」「あまり会えないから」「セックスレス気味だから」と、セフレを作る理由はさまざまあったかもしれません。

しかし、いくら恋人に対して不満を持っていても「好き」という気持ちが消えない限り、セフレ関係から罪悪感が生まれることも多いのです。

申し訳ないと思いながらセフレと会う理由はありません。

「会わない」という選択肢をとるキッカケともなるでしょう。

相手に恋人ができた

これは自分自身に直接的な理由がないキッカケです。

セフレのパートナーとして関係していた人に本命ができた時。

  • 会う回数が減ってセックスができなくなった
  • 自分のことを何となく避けるようになった
  • 本命の相手に申し訳ない気持ちになってしまった

などが具体的な内容です。

特に恋人ができて間もない状態であれば、「セフレとセックスをするより恋人と会いたい」「少しでも恋人と過ごす時間を増やしたい」と考えるもの。

こうした関係性となれば本来の目的である「セックスをする」という事さえ難しくなってしまうので、セフレをやめたくなります。

セックスに愛を感じれなくなった

「セフレに愛?」と疑問に思うかもしれません。

割り切った関係であっても、人としての愛を感じるというセフレ関係も多いのです。

優しさに近い愛ではありますが、良好な関係を続けるためのポイントにもなります。

以前はそんな愛を感じていたのに、今ではもう感じなくなってしまった。という状況であれば、セフレをやめたいと考えてしまうでしょう。

セックスが充実していないセフレ関係は本末転倒。

満たされないのであれば、より自分に合うパートナーを新たに探した方が効率的です。

都合のいい女扱いをされるのがイヤになった

セフレ関係は常に「対等」です。それは、プレイ内容ばかりではなく全てにおいて言えます。

「都合のいい女」だと自身について感じた時、それがセフレをやめたいキッカケになるのです。

パートナーにとって都合がいいと感じるのは「自分自身が下である」と感じている証拠。

対等なに関係がすでに築けない状態にあるのです。どこかで嫌な思いを抱きながらセフレ関係を続けていても意味がありません。

幕引きをしようと考えるのは、自然な心理です。

セフレ相手が勘違いするようになってきた

会いたい時に連絡を取り合ってセックスをする。これが、セフレ関係の基本です。

セックスだけの関係だからこそ、相性が良くお互い割り切った気持ちを持ち合えば長く続きます。

  • パートナーから他愛ない連絡が入るようになった
  • デートをしようと提案することが増えた
  • 高価なプレゼントをくれたりレストランを予約するようになった
  • 友達に紹介したり、自宅に呼ぼうとする

などは、愛情の表れです。こうした行動が見られた時、別れたいと思います。

セフレに対して一方的な愛情を傾けることは「負担」「勘違い」と感じるものです。

重たいと感じるセフレ関係を続ける理由もありません。

なぜ辛いと感じているのにセフレ関係を切れないのか?

セフレとは別れた方が楽になれると頭では分かりつつも、実際には切れないという声もあります。

気軽で軽い関係のはずなのに、なぜ「会わない」「別れる」という行動が起こせないのでしょうか。

切りたいのに切れないにはそれなりの「理由」があります。

ここでは、セフレ関係が切れない理由について、以下4つご紹介します。

寂しい毎日に耐えられない

セフレと別れたら、今まで会っていた時間が空白になります。

趣味・友達・家族・本命など、空白となった時間を充てる相手がいれば良いのですが、都合よく進まないものです。

セックスだけの関係だったとしても、やはり寂しい・孤独感に耐えられない気持ちが生まれる可能性もあります。

その寂しさや孤独感を想像すると別れられないのです。

別れた後の孤独よりも、今の辛さを選ぼうとしてしまいます。

意識・無意識関わらずに、「変わるものより変わらないもの」を選択しやすい心理が人にはあるのです。

身体の相性はいい

パートナーとの関係が長く続けば、不満が生まれることもあるでしょう。

また、本命の恋人がいれば罪悪感を感じることもあります。

もしかしたら、結婚など将来の不安を抱き始めて「セフレを継続しても意味がない」と感じ始めているかもしれません。

しかし、身体の相性が良ければ別れられなくなってしまいます。

頭や心でどんなにネガティブな物事を感じていても、本来の目的である「身体的な満足度」が高ければ、セフレとして手放すのはもったいないとさえ感じるものです。

また、セフレの目的としては達成できている状態ですから「辛いけれど続ける価値はあるかもしれない」と思ってしまいます。

いつか恋人に昇格するかもと考えている

もし、セフレに小さくても愛情を抱いていたとしたら「辛いけれど別れる」という選択は難しいでしょう。

  • いつかパートナーも好きになってくれるのではないか
  • ゆくゆくは恋人になれるのではないか
  • 恋愛関係に変わる出来事があるかもしれない

と、思えば切れないものです。

セフレから恋人に昇格できる可能性は「低い」といわれています。しかしゼロではありません。

だからこそ、期待を持って関係を続けてしまうのです。

精神的にも依存している

セフレに対する精神的な依存が強いと、辛くて別れた方が良いのに切れないという結果になってしまいます。

愛情と依存の違いを自覚するのは難しいかもしれません。

分かりやすい依存傾向は次の通りです。

  • セフレと会わない期間ができると漠然とした不安が生まれる
  • 自分以外のセフレを作ることが許せない
  • セフレをコントロールできないとイライラする

などが代表的なものになります。

セフレは肉体的な要素が強いものの、ひとたび精神的な依存をしてしまうとなかなか抜け出せなくなってしまうのです。

仕事や学校を休むまでセフレ関係が辛い状態でもなお、断ち切れないというケースもあります。

セフレをやめたいと感じたときの上手な別れ方【メンタル編】

精神的に辛い思いをしてセフレ関係を続けることはオススメできません。

最初の一歩はセフレ相手だとしても勇気が必要ではありますが、やめたいのであればお別れをしましょう。

とはいえ、上手な別れ方が分からないという声もあるかもしれません。

そこで、セフレをやめたいと感じた時のメンタル面からみる上手な別れ方を4つご紹介します。

「いつか幸せになれる」という考えを捨てる

今はセフレとして付き合ってはいるものの「いつか幸せになれる」と考えてはいないでしょうか。

もし、このような考えを持ってセフレ関係を続けているのであれば、早めに捨ててください。

セフレと幸せになれる可能性はほとんどありません。

愛情のない関係ですから、どんなに会ってセックスをする回数を増やしても幸せにはなれないのです。

割り切った状況や関係でも「いつかは」「いずれ報われる」「幸せになれる」と考えてしまうのは心理的にも不思議はありません。

しかし、先々を考えるのであれば特に「望み少ない今を守る」ことより、より幸せになるためと考えて上手な別れ方に繋げてください。

都合のいい女にならないように簡単な約束をしない

都合のいい女になってしまうと、会わないと決めたのに揺らいでしまうものです。

その結果、辛いのに別れることができなくなってしまいます。

  • パートナーのスケジュールに合わせてセックスをしている
  • 自分の希望より相手の希望を優先してばかりいる
  • 急に呼び出されても会いに行ってしまう

などは行わないようにしましょう。こうしたペースや約束をしてしまうと、悪循環に陥ってしまいます。

都合のいい女にならない・簡単に約束をしないことが、上手な別れ方のポイントです。

相手に期待することを辞める

常に対等な関係がセフレです。セックスによって肉体的に満たされればそれで良い関係でもあります。

心のどこかで「もしかしたら」という期待を持ってはいないでしょうか。

叶わない期待を抱くことは、辛さに拍車をかけそして関係を切れない原因ともなってしまうのです。

期待を持ち合わないことにメリットがあるセフレ。

それができないのであれば、会わないという選択をしてください。

そして、期待する気持ちを捨てることが上手な別れ方をする上での大切なステップです。

相手のいいなりにならない

感情的になっていたり、日常的になり過ぎていると見えないポイントかもしれません。

今までの2人のセフレ関係を振り返ってみましょう。

2人は対等でしょうか。もし、相手のいいなりになっている傾向があれば今すぐにやめてください。

都合のいい存在・どうにでもできる女性として扱われてしまいます。

精神的なダメージを先回りして阻止することも、自分自身の幸せのためにも重要です。

セフレをやめたいと感じたときの上手な別れ方【行動編】

上手な別れ方のポイントはメンタル面ばかりではありません。

今すぐにでもできるのが「行動」です。

小さな一歩を踏み出すことで、セフレをやめたいという気持ちを進めることができるでしょう。

ここでは、そんな行動から見るセフレとの上手な別れ方を5つご紹介します。

LINEやTwitterなど繋がるものを削除する

セフレとの「繋がり」を削除することです。例えば、会うための連絡ツールとしていたLINEやメール。

パートナーのIDやアドレスを削除してください。

もし、個人的な連絡先は教え合わずにSNSのメッセージ機能を用いてやり取りをしていたという場合は、相手をブロックもしくは自分のアカウントを削除しましょう。

未練があればなかなか出来る行動ではないかもしれませんが、連絡する手段を思い切って捨ててみてください。

最初はふと思い出してしまったり寂しいような気持ちになるかもしれません。しかし、時間の経過とともに「これで良かった」と思えるはずです。

連絡するのを辞める

いきなり連絡先を削除するのではなく、ワンクッションとしても実践しやすい方法です。

自ら連絡をすることを辞めてみてください。

「会いたい」「寂しい」と思っても、ぐっと我慢をするのがポイントです。

連絡するのを辞めると、セフレとの間に「実質的距離」が生まれます。これは、別れまでの流れを作りやすくなるのです。

状況ばかりではなく、自分自身の心を冷静にすることもできますので、正しい判断と行動が見えてきます。

関連セフレの別れ方は自然消滅が普通?音信不通になってしまう理由をご紹介

仕事や趣味などに没頭する

仕事・趣味・勉強などに没頭してみてください。「没頭する」という事は、対象の物事以外が頭に入らない状況になります。

セフレを頭から追い出すのに最適な方法なのです。

思い出すことや会いたいと思うスペースを狭くすることで、自然と会わない・別れる方向へと導きやすくなります。

セフレとの時間が唯一の趣味で没頭できることだったという方もいるかもしれません。

その場合、興味があることや楽しそうだなと感じることを始めてみましょう。

スクールに通ったり、身体を動かせるジムに行くというのもオススメです。

新しい恋をする場におもむく

セフレとの関係が自らにある男女関係の全て。セフレに対して愛情に近い気持ちを抱いている。

という方に特にオススメしたい上手な別れ方が「新しい恋」です。

日常生活の中で、出会いや恋をするチャンスが無いかもしれません。

その場合、求められる場所に足を運んでみましょう。

  • 合コン
  • 居合わせた人たちとワイワイできるような場所(クラブやスポーツバーなど)
  • イベント
  • スクール

など、少し視野を広げると出会いの場所はたくさんあるものです。

足を運ぶ時間が無いのであれば、インターネットを活用してみるのも良いでしょう。

出会い系サイトや婚活サイトなど、目的に合わせた出会いが求められる場所はインターネットの中にもあります。

新しい出会いや恋は、刺激となり大きく気持ちが変わるキッカケになるので、上手にセフレと別れることができるのです。

はっきりと「別れたい」と伝える

距離を考えたり、思考や行動を変えたりと順序やテクニックを取り入れるのは苦手だという方もいます。

そのような場合に実践したいのが「伝える」ということです。「別れたい」という事を伝えてみてください。

直接顔を合わせて言いにくいのであれば、電話やLINEでも構いません。

よく別れを伝える時には直接と言われていますが、それは「恋愛関係」に該当する内容。

セフレという肉体のみの関係であれば、LINEでも十分です。

寂しさや不安感があっても、関係を終わらせてみてください。

その瞬間は悲しいかもしれませんが、時間がたてば「正しい判断だった」と思えるでしょう。

セフレをやめたいと感じたときの上手な終わり方【告白編】

セフレを「やめたい」ためのアプローチは、縁を断ち切るものばかりではありません。

中には、脱セフレを果たして本命になりたいというケースもあるのです。

セフレから本命になるために行いたいセフレの上手な別れ方に「告白」があります。

ここではそんな告白から見るポイントを5つピックアップしていきます。

関連セフレを好きになった!セフレ関係から恋人に昇格するための心構えやアプローチ術をご紹介

セックスをしないデートを重ねる

セフレは「セックスありき」の関係です。会う時には必ずセックスをすることでしょう。

セフレ関係を上手に終わらせて、次の流れに作るためには「セックスありき」を取り除く必要があります。

セックスのないデートを重ねてみましょう。

最初は、パートナーが戸惑うかもしれませんから、短時間から始めてみてください。

お茶だけ・ランチだけでも構いません。

「ただ一緒にいる時」を増やすことで、パートナーが異性として見てくれたり、あなたの魅力に気が付いてくれる可能性が高くなります。

お互いの都合を合わせたデートをする

気持ちがあるからこそ、パートナーの意見や希望を聞き入れてばかりいませんか?

もし、この状況に該当するならそれを取り払ってみてください。

お互いの都合を合わせたデートをしてみましょう。これは、恋人同士が行う方法でもあります。

少しでも恋愛の空気を作ることで、セフレから抜け出しやすくするのです。

そのためにも、自分自身の都合をハッキリ伝えるよう意識することが大切になります。

言いたいことは伝える

セフレに対して「遠慮」をしていないでしょうか。自分からみれば、それは優しさや配慮かもしれません。

しかし、相手は「都合いい相手」と感じてしまうかもしれません。

人として傷つけたり超えてはいけない境界線は意識する必要はありますが、それ以外は言いたいことは伝えてください。

「それぞれの意見を分かり合う」ことが、信頼や絆を深めることに繋がるのです。

電話やLINEなど会う以外の目的のやり取りを行う

電話やLINEは、セフレ関係にとって大切な「連絡ツール」の1つです。

セックスをするためにはスケジュール調整が必要。会うためだけに連絡をするという事が多いでしょう。

セフレを辞めたいのであれば、連絡ツール以外で取り入れてください。

「コミュニケーションツール」として電話やLINEを使うのです。

最初は、重たいと感じさせないためにも挨拶程度から始めると良いでしょう。

ポイントは「一方的に送り過ぎない事」です。

連投をしてしまうと、恐怖心を抱かせる原因ともなりかねません。

思い切って告白する

セフレ関係も続いていくと「もしかしたら脈ありでは?」と感じることもあります。

相思相愛の可能性がある場合には、ストレートに告白をするのも方法の1つです。

脈ありかどうか分からなくても、もちろん告白をしても構いません。

ただし縁が切れる可能性もあることは認識しておきましょう。告白をすることで、脱セフレを果たせるかもしれません。

また、いきなり恋人とはいかなくても「友達として付き合ってみよう」という良い流れが作れることもあります。

自分の気持ちを伝えたい気持ちが高まれば実践してみてください。

セフレをやめたいなら「会わない」ことが重要

セフレをやめたいと思いつつも、関係をダラダラと続けているのであれば「辞めるための一歩」を踏み出してみてください。

まず会わないようにすることが重要です。

「そんなに強い意志はない」「会わない自信がない」という方でも、ポイントをおさえることで上手な別れ方を進められます。

新しい関係・新しい自分になるため。より幸せになるために、ぜひとも実践してみてください。

© 2021 セフレが作れる出会系アプリ・サイトおすすめ10選【2021年最新】