セフレとは?意味・定義・関係性を調査!いつからセフレと呼ばれるのか

2021年1月4日

セフレとは

「セフレ」という言葉を何気なく使っているという方も多いのではないでしょうか?

自然と使えば、意味や定義を考える機会もありません。

この記事では、そんなセフレの関係性に注目し、改めて知っておきたいセフレという言葉の意味や定義を読み解いていきます。

さらには、

  • 男性目線・女性目線からのセフレの関係性
  • セフレと本命の違い
  • 男性・女性それぞれのセフレに対する態度

も併せてご紹介していきます。

管理人
すでにセフレがいるという方も、これから作るという方も知っておいて損はない情報ばかりです。ぜひともチェックしてみてください!

セフレ作りにおすすめのサイトはコチラ

ハッピーメール

新規無料会員登録でセフレ募集中の女の子をチェックしよう!
※今なら1,200円分の無料体験ポイントプレゼント中

セフレとは?言葉の意味・定義から読み解く

あらためて「セフレの言葉の意味とは?」と聞かれたら、その定義をこたえられるでしょうか?

漠然としたイメージはあっても、詳細な意味について考える機会は多いものではありません。

ここでは、そんなセフレの関係・言葉の意味や定義について、3つに分けまとめていきます。

セフレとはSEXFRIEND(セックスフレンド)の略

セフレとは「SEXFRIEND(セックスフレンド)」の略称です。

単語として存在していたものではなく俗語の1つ。その名前が誕生したのは、意外に近年の1970年。

「セックスフレンド」というタイトルの小説が刊行されたことがきっかけとなりました。

そして、実際に言葉が浸透し始めたのは、1990年代に入ってからのことです。

今では「セックスフレンド」と呼ぶよりも「セフレ」と略して使うことが多くなりました。

  • 同一の人と継続的な関係を結ぶ
  • 不特定多数の人とセックスを楽しむ
  • 複数の異性と継続的な関係を結ぶ

など、セックスフレンドの形もさまざまです。

気軽にセックスするだけの割り切った関係

セフレという関係は「性的パートナー」です。

セックスだけをしあう・セックス前提の男女関係の事を言います。これがセフレの定義なのです。

割り切ったか関係性ですから、パートナーに対する社会的な責任などはありません。

もちろん、将来的な関係(恋人や夫婦)の変化も考えることもありません。

それぞれのスケジュールが合致して、セックスがしたければ会って楽しむだけの関係。

とても気軽で、自由度が高いのもセフレの魅力です。

また、性的欲求さえ満たされればよい関係ですから、それぞれのプライベートな部分に介入することもありません。

セフレに恋愛感情はあるのか?

男女関係ですから、その間に恋愛感情があると考えるかもしれません。

しかし、セフレに関係にはこのような感情がないのです。

セフレ関係を続けていく上で大切なのは「セックスを楽しむ」という利害の一致。

これがズレてしまえば、関係は終了してしまいます。

ではもし、どちらか一方が恋愛感情を抱いてしまった時はどうなるのでしょうか?

  • 恋愛感情を隠してセフレとして付き合っていく
  • 自身の気持ちを伝えて関係性の変化を求める
  • 関係そのものを断ち切る

などですが、セフレから恋人関係への変化はあまり期待できません。

結果、我慢をするか別れるかになります。

明確な利害の一致と対等な関係性がセフレの大きな特徴なのです。

男性目線から見たセフレの関係性

セックスを楽しみあう男女関係のセフレ。

言葉の定義や意味はあるものの、男性・女性それぞれから見える「セフレ」があります。

男性からは、セフレ関係や女性がどのように映っているのでしょうか。

ここでは、男性目線から見たセフレの関係性を3つご紹介します。

性欲を満たすための都合のいい相手

お互いが条件や希望を提示することもあれば、いつからかセフレ関係になっていたというケースもあります。

いずれにしても、「性欲を満たすための都合のいい相手」です。

女性もまた、男性の事をセフレだと認識していればお互いが都合のいい相手。

「利害の一致」となり、良好なセフレ関係が作れます。

  • 性的な欲求はあるけれど解消してくれる相手がいない
  • 本命の女性は作らず、セックスだけを楽しみたい
  • 風俗に通うことで経済的に負担となってしまう
  • 自分のタイミングでセックスをしたい
  • 新しいプレイなど性的な探求心を追いたい

などという場合、セフレ女性がいることは男性にとって大きなメリットとなるのです。

あくまで、都合のいい相手。

ですからもし、都合が悪くなれば「別れる」ということになります。

この気軽さも、男性から見たセフレのメリットです。

恋人同士なら行わないといけないイベントがなく楽

セフレ関係であれば、季節やライフイベントを気にする必要がありません。

恋人ができることは、幸福な出来事です。

しかし、同時にある程度の束縛・気持ちを伝えるための行動が求められます。

  • 誕生日
  • 定期的なデートや年に何回かの旅行
  • クリスマスやバレンタイン&ホワイトデー
  • 付き合った記念日や結婚記念日

などが代表的な恋人間で行われるイベントです。

楽しい出来事ですが、面倒であったり負担に感じることもあります。イベントを共に過ごすということは、そのための計画を立てることです。

好きでない相手に手間と時間をかけることは苦痛でしかありません。

セフレはこのようなイベントを一切気にせず、セックスだけを楽しめるのです。ですから、「楽な関係性」だと感じている男性は多くいます。

男友達と遊びたい時に遊べますし、自身の趣味に没頭しても問題はありません。

仕事が忙しい時期だとしても、パートナーに心配りをせずに済むのがセフレなのです。

もし、パートナーが不満を漏らしても改善する必要もありません。セフレ関係を終わらせれば良いのです。

将来のことを考えなくていい相手

パートナーとの将来のことを考えなくていい相手がセフレです。

交際期間が長くなると、いつからか将来的な事を考える流れが生まれます。

時として、それが重荷に感じることもあるものです。

お互いがそれぞれの時間を持ち合い、セックスをしたい時だけ会って楽しむのがセフレ関係。

重荷や相手に対する責任感などを一切、抱く必要がないのです。

  • 結婚願望や家庭に対する憧れがない
  • 経済的に責任と負担が生まれる異性関係は嫌だ
  • パートナーの適齢期などを気にしたくない
  • 相手に関係についての期待をされたくない

という場合、男性にとってセフレはベストな関係性です。

女性目線から見たセフレの関係性

男性目線から見たセフレの関係性は上記で説明した通りです。

男性目線があれば、当然ながら女性目線もあります。

では、女性から見たセフレ関係はどのようなものなのでしょうか。

ここからは、女性目線からセフレの意味や関係を2つ、ご紹介します。

性欲を満たす相手

女性にも性欲はあり、欲求不満にもなるものです。

性欲を満たす相手としてパートナーを持ち、セフレを作ること。

これは男性同様、利害が一致する関係なのです。

男性と比較をすると、女性は満足感や肯定感を強く求める傾向があります。

男性は理由を欲しがりますが、女性は「自分がどう感じるか」を大切にするのです。

「自分が満たされるため」を中心にして、セフレ関係を見ています。

また、セフレだからこそ言えることもあるものです。

  • 引かれる心配なく性癖を伝えられる
  • 新しいプレイやセックスにチャレンジできる
  • 満足できるセックスができる

などです。恋人や配偶者に言いにくいと感じることも、セフレであれば言えるというケースも少なくありません。

寂しさを埋めるための相手

寂しさを埋めるためにセフレ関係をもつのは、定義に沿っていないと感じるかもしれません。

  • 彼氏はいるけれどなかなか会えずに孤独を感じている
  • 生活の中で男性と関わるきっかけが少なく寂しい
  • 失恋をした
  • 女性として扱ってもらえない
  • 暇ができた時に寂しいと感じる
  • 仕事や勉強が忙しく、満たされる要素が欲しい

などの理由から、セフレを作る女性もいるのです。これは、女性ならではの心理が働いているともいえます。

特に異性関係で抱いた寂しさは、異性でしか満たされません。

だからこそセフレを作り、異性との時間をもつことで寂しさを解消し満たされるのです。

ただし、性的欲求はほとんどない状態で寂しいだけという女性は、パートナーに依存をする可能性もあります。

瞬間的な寂しさを埋めてくれる相手として見えている事が、セフレ関係の前提です。

セフレと本命の違いをご紹介

セフレも本命も男女関係の形です。一見すると、その違いが分かりにくいかもしれません。

しかし、明らかに異なる点があるのです!

ここでは「セフレ」と「本命」。

関係や接し方などの違いを3つご紹介します。違いが分かると、それぞれの意味がよりハッキリ見えてきます。

「好き」「愛してる」など直接表現があるかの違い

本命とセフレには決定的な違いがあります。それが「愛情の有無」です。

本命には「好き」「愛している」といった言葉や態度などの直接的な表現を行います。

これは義務的なものではなく、自然と言葉や態度として表れるものです。

一方、セフレに対してはこうした表現は行いません。厳密に言えば「その気持ちも必要性もない」のです。

利害で結びついているセフレ関係。それ以外の感情を持つことはありません。

稀に、プレイ中に愛情表現ともとれる言葉を使うこともあるかもしれません。

しかしこれは、本意ではないのです。

  • 性的興奮が高まったから
  • 性的刺激からくる瞬間的な感情
  • プレイの一環としての言葉

と考えられます。

ひとたび、愛情を抱いてしまえばセフレ関係は形を変えるのです。

連絡頻度の違い

分かりやすいポイントの1つが「連絡の頻度」です。

以下、セフレと本命の連絡頻度についてまとめていきます。

セフレの場合

  • セックスがしたい時に連絡を取る
  • 日時や場所など事務的な連絡のみが基本
  • 他愛ないやりとりや、プライベートな事柄で連絡はしない

セックスをしたい時に連絡をする相手。それがセフレ関係です。

ですから、連絡頻度として高いものではありません。

本命の場合

  • 毎日のコミュニケーションとして連絡を取ることが多い
  • ふと思い出した時や会いたい時
  • 連絡をする理由がない場合でも連絡を取る
  • 本命の事を気遣うなどの優しさ

本命であれば絶対に毎日連絡をとるというわけではありません。

しかし、頻度としては高いといえます。連絡の頻度が高い場合、本命であれば迷惑どころか嬉しく感じるものです。

逆にセフレは負担や圧迫感につながります。

セックスの仕方の違い

セフレと本命。

実はセックスの仕方や内容にも違いがあります。以下、それぞれについてまとめていきます。

セフレの場合

  • 性的興味心を優先する
  • 相手がどう思うかを考えることなくプレイ提案をする
  • それぞれの興奮を優先する
  • より刺激的で満たされるセックスを求める

などです。

性的パートナーですから、「気持ちの良いセックス」「新たな刺激を得られるセックス」をします。

身体的満足感が最も大切なのです。万が一、セックスの相性が合わなくなってしまえば関係が終了することもあります。

関係維持のための努力は基本的には行いません。

本命の場合

  • 愛情表現の1つとしてセックスをする
  • パートナーに負担を掛けないなどの配慮をする
  • 自分よりも相手が気持ちよいセックスを考える
  • 身体的な興奮とあわせて精神的な高揚感がある

などです。本命の場合、大切にしたいという気持ちがセックスにも表れます。

性的な欲求ばかりではなく、精神的に満たさせるのです。だからこそ、愛情ベースのセックスをします。

心があるからこそ、セックスが気持ちいいと感じるのです。

セフレと本命の違いについてもっと詳しく知りたい方は「セフレと本命の違いを解説!デート・キス・セックスからみた違いって何?」をご覧ください!

男性がセフレ女子に対してとる態度

本命とセフレの違いがあれば、セフレに対してとる態度にも違いが生じるものです。

ここでは、男性がセフレ女子に対してとる態度から、分かりやすいものを6つご紹介します。

パートナーとの関係性を考える際にも役に立つ情報です。

キスをしようとしない

キスもセックス・プレイの1つでは?と感じるかもしれません。

しかし、男性はセフレ女子にキスをしたがらないのです。

その理由は「愛情」にあります。

男性は、キスを愛情表現として捉える傾向にあるのです。

ですから、愛情がないセフレには、キスをしたいと思えません。

キスは口と口・唾液が触れる行為。

これは、精神的に「相手が愛しい」と思えないと出来る行為ではないという考えも多いのです。

また、愛情問題とは別に「境界線」として設けている男性もいます。

本命にはキスをする・セフレにはしないことで、それぞれの関係性をよりハッキリと分けるのです。

この態度は、女性に見られることもありますので分かりやすいポイント。

風俗で働いしている女性はキスはしないと言うのを聞いたことはありませんか?
それと近い態度です。

会う予定以外の連絡をしない

会う予定以外の連絡をしないのもまた、分かりやすいセフレ女子に対する態度の1つです。

セフレは気軽にセックスのみができる関係。

会いたい時以外の連絡は不必要なのです。

セフレ女子から連絡がくれば返事をすることもあるでしょう。

しかし、それも続けば「依存されているのでは」と負担に感じてしまう男性も多くいます。

セフレ関係の解消理由にもつながるのです。

セックスをしている時以外の時間はプライベート。

セフレはプライベートに介入しあわない関係性ですから、理由があるときしか連絡はしません。

誕生日など特別な日を祝わない

男女関係の中にある「特別な日」。

  • 付き合って〇周年記念
  • 結婚記念日
  • 誕生日
  • クリスマス
  • バレンタイン&ホワイトデー
  • 年末年始

など、たくさんあります。

しかし、セフレという男女関係においては特別に日を祝うことはありません。

大切な人であれば、お祝いをしたい・喜ぶ顔が見たい・幸せな思い出を作りたいと考えます。

一方、セフレはセックスのみの関係ですから、祝う必要がないのです。

セフレとしての理解があり、適切な距離感で関係が築けている場合、誕生日くらいはお祝いするという方もいます。

ちょっとしたお祝いだけれでも、関係性が強くなる可能性も否めません。

「セフレだからこそ・セフレでいたいからこそ、祝わない」という男性も多いのです。

当日呼び出しが多い

性欲は予定がなかなか立てられません。

「どうしても今セックスがしたい」という気持ちになることもあります。

恋人や本命女子となると、セックス抜きでも当日呼び出しは躊躇するものです。

しかし、セフレにはその気持ちがありません。

割り切った関係で、性的な欲求をストレートにぶつけられるのがセフレです。

「セックスがしたい」と思ったタイミングで連絡が入ることも多くなります。

  • 急に呼び出して嫌われてしまうのでは?
  • 関係が悪化したらどうしよう
  • 相手を困らせてしまうのではないか

という気持ちはありません。

セフレ女子に対して特別な感情がない男性は、自身の性欲を最優先します。

女性側からすれば、「求められている」と勘違いしやすい態度の1つです。

周りの友人に紹介しない

セフレ女子を自分の友人や知人に紹介することはまずありません。

彼女や大切な人であれば、周りに紹介するのが男性心理。

それが愛情表現・誠実さの表れでもあるのです。

セフレ女子に対しては、こうした姿勢を見せることはなく、むしろ「隠そう」とします。

割り切っている関係ではあっても、パートナーを見せたいなどとは思いません。

いくらお互いに納得した関係であっても、友人の前で「セフレです」と言って紹介できるでしょうか。

男性側の心理に立って考えてみると、その態度も納得できます。

セフレ女子は、男性の交友関係をそもそも知りませんし、話として出てくることもありません。

お金を使いたがらない

男性は、大切だと感じているものにお金を使います。

  • 趣味や自分磨きのための自己投資
  • 恋人や配偶者など愛情を抱いている相手を喜ばせるため

の2つに大きく分かれます。

特に後者は、男性の中にある「大切なものを守る」という心理。

経済的な負担もまた、男性にとっては愛情の証なのです。

セフレは、この2つどちらにも該当しません。

プレゼントや食事はもちろん、ホテル代も負担したくないという男性もいます。

それはケチというわけではありません。

対等な関係だからです。

セフレにお金を使うなら、もっと他の事に使いたい・お金がかかるなら関係は終わりにしたいという声もあります。

女性がセフレ男子に対してとる態度

男性がセフレ女子に対してとる態度があれば、その逆があっても当然です。

セフレという同じ立場なのに男女に違いはあるの?と思うかもしれません。

定義は同じでも男女差がある以上、態度にも少し違いがあるのです。

そこでここでは、女性がセフレ男子に対してとる態度を5つご紹介します。

女性らしい仕草や態度をとらない

女性らしい仕草は、意図的に行うこともあります。

しかし、その多くは自然と表れるものです。

好きな人・異性として意識をしてほしい相手に対しては、自然と女性性・少女性をアピールします。

それが、女性らしい仕草につながるのです。

  • 言葉遣い
  • 膝を付けて座るなどの所作
  • 綺麗な状態をキープするためにマメにメイクやヘアスタイルをチェックする
  • 相手の好みを知り、それに合わせた仕草や態度を心がける

などをセフレ男子には行いません。

女性からすれば、セフレにそのような態度をとっても無意味な事ですし、良く思われたいという意識がないのです。

男性の中には「素の状態を見せてくれている」と思う人いますがそうではありません。

少しでも好印象を与えようという気持ちが無いのですから、相手に対して男性性を感じていないのです。

深い話をしない

大切な人には自分のことを知ってほしい・話をしたいという気持ちは男女共通です。

特に、女性の場合には「受け止めてほしい」「肯定して欲しい」という気持ちが強くあります。

しかし、誰でも良いというわけではありません。

セフレ男子には深い話はしないのです。

これがセフレと恋愛感情がある男性との「一線の違い」といえます。

逆に、セフレ男子に対しても「パートナーの事を詳しくしりたい」とは思ってはいません。

話をされたらむしろ「重たい」と感じてしまうのです。

行きたくないデートには行かない

彼氏や好きな男性に対しては、仮に自分自身が乗り気ではなくても「相手が望むこと」に寄り添おうとします。

一方、セフレ男子に対してはこうした態度は見せません。

行きたくないデートに行くことはないのです。

自身の気持ちを抑えても大切にしたい相手ではありません。

セフレ男子とのセックスには興味はあるけれど、男子そのものには興味がないのです。

行きたい・行きたくないどころか、セックス以外にセフレとは何もしたくないという声もあります。

弱みをみせない

全てにおいて対等なのがセフレ関係です。

だからこそ、セフレ男子に女性は弱みをみせません。

  • 相手より劣っているように見える
  • 頼っている印象を与える
  • セフレ男子に優位に立たれてしまう可能性
  • 同情を誘っていると思われる

などという可能性が「弱みをみせる」ことに潜んでいます。

意識的でも無意識でも、弱みをみせるのは、好きな男性・心を許している男性に対してのみです。

心理学ではこの行為を、「アンダードッグ効果」といいます。

弱みをみせることで、距離が近くなり特別な結びつきが生まれやすくなるのです。

また、男性の「守ろう」という意識を刺激するので、気になる女性になれる確率が上がります。

セフレに対して心的距離はもとめていませんから、みせることもありません。

むしろ、みせる事で関係が悪い方向へ進んでしまうと考えるのです。

必要以上に連絡をとらない

セフレ男子と取る連絡は「理由がある場合」に限ります。

  • 会う約束をするとき
  • 会う約束のキャンセルをするとき
  • 事情ができて、これまでのセフレ関係に変化が生じる時とき
  • セックスがしたくなったとき

などが具体的な例です。

セックスをするためという前提がない連絡を取ることはほとんどありません。

少し変わった例もあります。

  • 関係性を維持するため
  • 時間が空いて構ってほしくなったとき
  • 本命の彼氏には言えない話があるとき

などです。しかし、この場合にも「一定の距離」はキープします。

セフレはお互いに都合のいい関係性ということを理解する

セフレの意味や定義を改めて考えてみてください。

関係性も長くなれば、いつからか距離が近くなっていたり、本来の関係以上のものを求めているかもしれません。

  • セフレとは常に対等な関係であり続けること
  • 感情や生活含め、相手に深入りしないこと
  • 多くを求め過ぎないこと

が大切です。お互いに都合のいい関係性ということを理解していきましょう。

もし、この距離や関係性の維持が困難だと感じているなら、セフレ関係の解消も視野に入れなくてはなりません。

それぞれの時間を大切にしながら気軽にセックスが楽しめる。

これがベストなセフレ関係です。

© 2021 アダルトマニア