セフレから連絡がこない理由と対処法!LINEのブロックや未読無視に繋がる原因は?

セフレ 連絡こない

「セフレから急に連絡がこなくなった」と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

セックスだけの関係といっても、やはり気になるものです。

この記事では、

  • セフレから連絡がこなくなったときに確認したいポイント
  • 連絡がこなくなったときの対応方法
  • ブロックや未読無視を防ぐLINE送信時の注意ポイント

をご紹介します。

管理人
チェックすれば、パートナーとまたいい関係となれるヒントが掴めます!

併せて読みたい

セフレから連絡がこなくなる理由

セフレから連絡がこなくなる理由

頻繁に連絡をとることがないセフレ関係。

どちらか一方が忙しいと、1ヶ月ほど間隔が空いてしまうこともあります。

しかし、事情なく連絡こなくなった場合は、何かしらの理由があるからかもしれません。

ここでは、セフレから連絡が来なくなる理由をまとめていきます。

飽きられた

もっともシンプルでわかりやすい理由が「飽きられたから」です。

  • パートナーに飽きた
  • セックスそのものに飽きた
  • セフレという関係性に飽きた

など飽きる理由はさまざまですが、いずれにしても飽きれば連絡をしないことに変わりはありません。

恋愛関係ともなれば、別れ話や改善のための努力をするケースもあります。

しかし、気軽でセックスをしたいときだけに会う関係であるセフレ。

連絡せずにそのまま「自然消滅」に持ち込もうとしているかもしれません。

相手に本命ができた

パートナーの異性関係を思い返してみてください。

  • セフレ関係のみだった
  • 恋人や配偶者はいなかった
  • 大切に思う人(片思いの相手など)はいなかった

可能性があるというケースも含め、いずれかに該当するなら「本命ができた」のかもしれません。

男性は、本命の相手ができたとき、まずは「異性関係をクリアにしよう」と考えます。

自身の誠実さを見せるため、本命に本気の意志を示すため。本命一筋になりたいという気持ちに傾くのです。

連絡頻度を抑えたいと思っている

連絡頻度を抑えたいため、間隔があいたり未読無視や既読無視をされるということもあります。

  • セフレ関係なのに連絡の頻度が高いと感じる
  • 他愛ない連絡が多過ぎる
  • 会うため以外のやり取りをしたくない

などという場合、意図的に連絡のペースを落とそうとします。セフレという割り切った気軽な関係にあわせたペースにしたいのです。

セフレの中には、そんな考えを直接パートナーに伝える方もいます。

しかし、傷つけたくない・揉めごとを避けたいと考えることも多く、「連絡をしない」という結果になるのです。

慣れてしまった

セフレ関係が長期的になってきたという場合に多い理由です。

セックスの相性が悪くなったのではなく、パートナーとの関係性に慣れてしまったのです。

よくいえば、それだけ「安定している」ともいえます。

セフレ関係を始めたばかりですと、適切な距離感や連絡ペースがわかりにくいもの。

関係性が落ち着いて「セフレのいる生活」に慣れたとき、自然と連絡がこなくなるのです。

気楽に思うからこそ自然体でいるだけという可能性もあります。

駆け引きをしている

本来、セフレに駆け引きは必要ありません。

細かなテクニックを用いるような難しい関係ではなく、セックスを楽しむというそれ以上も以下もない関係です。

しかし、そんなセフレ関係でも相手が駆け引きをすることも。

  • セフレに対して恋愛感情を抱き始めた
  • パートナーが自分に依存しているように感じている
  • パートナーが自分に対して真剣な思いを向けるようになってきた

などという場合、駆け引きをすることがあります。

恋愛感情や依存は、セフレの関係性としては距離感が近くなり過ぎるのです。

負担に感じたり、もしくは真剣になるのであれば一度セフレ関係を脱却しなくてはなりません。

これが連絡こない理由の1つです。

要確認!セフレから連絡がこなくなったときに確認すること

要確認!セフレから連絡がこなくなったときに確認すること

連絡がこなくてもとくに気にならないという方もいます。

しかし、セフレであっても連絡がこないと「どうして?」と気になることもあるものです。

ここからは、連絡がこなくなったときに確認するポイントについてご説明します。

連絡が来なくなった理由がわかるかもしれません。

セフレ関係が始まってからの期間

あなたとパートナーのセフレ関係はどのくらいでしょうか?期間がすべてではありませんが、大きな確認ポイントです。

セフレとしての関係が長くなると、簡単にそれを解消することはまずありません。

例えば、つい最近セックスを何回かした相手と、数年に渡り定期的にセックスをしている相手とを比較してみてください。

後者の関係を簡単に解消できるでしょうか。切ろうとは思わないはずです。

また、長い関係だからこそ、少し連絡の間隔があいてもいいと安心しているかもしれません。

ふらっと、連絡が来たり返信が来る可能性は高いのです。

いままでとの連絡頻度の違い

セフレ関係の継続期間とあわせて確認したいのが「これまでの連絡頻度」です。

セフレ関係が長ければ、パートナーの連絡頻度を把握していることでしょう。

もともと不定期だったという場合、パートナーのタイミングでふと連絡が来る可能性があります。

逆に、マメなタイプだったパートナーからパタッと連絡が途絶えたのであれば、「急な事情」ができたのかもしれません。

  • 本命の相手にバレた(バレそうになった)
  • 体調不良で連絡が入れられる状態ではない
  • 多忙でなかなか連絡を入れるタイミングがない

などです。事情が解決したとき、再び連絡が入るはずです。

いままでのペースから「段々と連絡がこなくなった」のであれば、気持ちが冷めてしまったのかもしれません。

相手のTwitterやFacebookの更新頻度

セフレ関係だからプライベートな部分は知らないという場合は確認できませんが、もしパートナーのSNSを知っているならチェックしてみてください。

SNSの更新は「暇なときにするもの」です。

更新をする時間があれば、セフレに連絡することが可能な状態とも考えられます。

もし連絡がこない状態で、頻繁にSNSが更新されているようなら、「気持ちが冷めた」「セフレ関係を終わらせたい」と考えている可能性があります。

これとは逆に、連絡がこない状態でSNSも更新がないのであれば、何かしらの理由があるかもしれません。

パートナーの状況が落ち着き、再び連絡がくるのを待ってみてください。

連絡がこないセフレへの対応は?

連絡がこないセフレへの対応は?

セフレから連絡がこないと気になり始めると、心がスッキリしないこともあります。

そんなとき、何か対策をしたいと思いませんか?

ここでは、そんな連絡がこないセフレへの対応についてまとめていきます。

対応策を知っていると、気持ちが楽になるかもしれません。

気長に連絡を待つ

パートナーとの関係性を崩すことなく、手間がまったくかからない対応が「待つ」という方法です。

「何かしらの理由があるのでは」と感じられるなら、気長に連絡を待つ価値はじゅうぶんにあります。

  • ほかにもセフレがいる
  • セフレ関係が終わっても何の問題もない

という場合にも、ストレスのない「待つ」という行為は最善の対応策です。

それとなく気づかいのLINEを送ってみる

基本的にセフレは、「セックスをするための連絡」を取りあう関係です。

しかし、あまりにも連絡がこないとなれば話は少し変わってきます。一度、気づかいのLINEを送ってみてください。

送ったLINEに対して既読無視をされたままであれば関係を終わらせたいのかもしれません。

未読無視をされたという場合は、以下の要因が考えられます。

  • 友達が多くLINEが来ていることに気が付かない
  • 関係を終わらせたいから既読をつけない
  • 既読が付かないアプリなどでチェックだけして返信をしていない
  • あなたをブロックしている

LINEの内容ですが、「元気?」程度のものがオススメ。

長い文章や、パートナーが重たいと感じるような内容は避けてください。

返信しやすい質問形式のLINEを送ってみる

気づかいLINEの内容を質問形式にして送るのも方法の1つです。

質問形式のメリットは、「返信誘導がしやすい」ところにあります。

YES・NOだけでも返してもらえる可能性が高いのです。

「〇曜日あたりに会えない?」など、普段セフレとしてやり取りをしている内容から質問形式のものを選ぶと自然です。

ここで注意をしておきたいのは「プライバシーの干渉」。

急に連絡がこないとなれば、「何故」という気持ちが芽生えてしまいます。

  • どうして連絡をくれないの?
  • 何かトラブルが起きたの?
  • 好きな人ができたの?
  • 恋人や家庭にバレたの?

など、つい送ってしまいがち。しかしこれは、プライバシーの干渉になりかねません。

パートナーにとっては負担に感じ、悪い方向へ進む可能性があります。

あくまで気軽に返信しやすい内容にしてください。

ストレートに会いたいといってみる

セフレとしての期間が長く、関係性が安定しているようでしたら「ストレートに表現をする」のもいい方法です。

会いたいなら会いたいと伝えてみてください。

セックスだけなのに会いたいといっていいの?」と不安に感じるかもしれません。

しかし、セフレ関係での会いたいは「セックスがしたい」といい換えることもできます。

神経質になり過ぎる必要はないのです。

会いたいと伝えても連絡がこない・既読無視をされるようでしたら、深追いをしない方が得策です。

飽きられたと思って諦める

パートナーのことを気にかけずに済むベストな方法といってもいいのが、「諦める」というものです。

セックスの相性がよかったり、セフレ関係の継続期間が長いと簡単に諦めきれないかもしれません。

しかし、セフレ関係を望む人はたくさんいますし、あなたにあう人もいるはずです。

来る確証もない連絡を待つよりも、新しい一歩を踏み出した方が効率的ではあります。

セックスだけの関係だからこそできる行動です。

関連記事セフレとの連絡頻度は?毎日ラインや電話をする人はセフレ関係が続かない?

注意!ブロックや未読無視につながるLINEのメッセージ

注意!ブロックや未読無視に繋がるLINEのメッセージ

どこにいても送ることができて、受けた側も自身の都合にあわせて返信ができるLINE。

セフレとの連絡手段として用いている方も多いでしょう。

気軽に使えるLINEだからこそ、ブロックや未読無視につながらないよう心がけてください。

では、ブロックや未読無視につながるLINEのメッセージとはどのようなものなのでしょうか。

連絡がないことへの怒りのLINE

感情に任せた怒りのLINEです。

顔が見えない・声を使ってやり取りをしないからこそ、感情が出やすくなってしまいます。

とくに怒りの感情は、どんな相手でも不愉快に感じるもの。セフレ関係であればなおさらです。

パートナーが「面倒だ」と感じる可能性も高く、関係を終わらせる原因になるかもしれません。

性的欲求が溜まっていたり、急にパートナーから連絡がこなくなればイライラすることもあります。

そのようなときには「少し落ち着いてからLINEをする」ことを心がけてください。

何回も連続して送るLINE

パートナーの負担にならない内容で質問形式のLINEを送ること。

これは、様子をうかがう意味でも効果的なテクニックです。しかし、「連投」は止めてください。

返信がないにも関わらず、一方的にLINEを送り続けるのはパートナーにとって負担しかありません。

セフレ関係が終わる可能性さえあります。

これはスタンプやボイスメッセージ・写真でも同様。相手から返信があるまで待ってください。

メンヘラじみたLINE

メンヘラじみたLINEは、絶対に送らないようにしてください。

セフレはセックスだけの関係です。

メンヘラじみた内容は、パートナーが冷める原因になります。恐怖心を与えて、より連絡がこない可能性をあげてしまうのです。

  • 連絡くれないから家(職場)の近くまで行っていい?
  • あなたと会えないなら〇〇するかもしれない(脅迫じみた内容)
  • どうして連絡くれないの?見捨てたりしないで!

など、一見するとこじれた恋愛関係にある2人に見える内容です。

トラブルや危害を加えられたくないと感じやすいメンヘラじみたLINE。ますますあなたから遠ざかるかもしれません。

セフレは曖昧な関係だからこそ諦めて切り替えることが重要

セフレは曖昧な関係だからこそ諦めて切り替えることが重要

セフレは絶対的な関係ではありません。

感情を持ちあわず、セックスをただ楽しみあう「曖昧な関係」。

セフレであっても、連絡がこないとなると寂しさのようなものを感じるかもしれません。

しかし、セフレだからこそ「それなら仕方がない」と切り替えていくことも大切です。

深追いをしても虚しさだけが残る可能性もありますので、諦めて次のパートナー探しをするのもいい方法。

「音信不通」の目安である1ヶ月前後を区切りとしてみるのもオススメです。

© 2022 セフレ出会系アプリ・サイトおすすめランキング|人気のマッチング方法を紹介

今から会えるエッチな女の子がいっぱい!
とりあえず登録する(無料)
今ならJメールへ新規登録で1,000円分のお試し体験ポイントが貰える